歯周病治療の内容|矯正歯科にて歯並びを改善しよう!歯の健康を保つ方法

歯周病はもはや現代病!歯を失うリスクをなくそう

歯周病治療の内容

院内

まずは歯石の除去

歯周病になってしまう要因として、歯石が歯茎の隙間に入ってしまうことがあげられます。そのため、歯科での歯周病治療は歯石の除去からスタートさせるでしょう。専用器具を使用して、上部分の歯石を除去するのでキレイに取り除くことが出来ます。

一番重要な歯茎ポケット

歯周病は歯茎のポケットに歯周病菌や汚れが溜まることで菌が繁殖します。そのため、見える範囲の歯石除去だけでなく、歯茎ポケットの中まで歯石の除去作業をします。そうすることで、歯茎の炎症を抑えることが期待出来るでしょう。

手術で再生可能

歯周病は悪化してしまうと、歯を支えることが出来なくなります。そのため、悪化した場合、外科での手術により治療がスタートします。やはり手術となるまでには歯周病の悪化を防ぎたいものです。そのためには赤坂にある歯周病治療を得意としている歯科のケアを受けましょう。

治療後を知っておこう

治療後の歯茎がどんな状態になるのか知っていないと、驚いてしまう方もいるので、治療後の状態を説明します。まず、歯石除去などで、歯茎の中まで治療を行なっているので、治療後は歯茎が下がります。元に戻らないのではと不安になりますが、一時的な症状なので元に戻るので安心して治療を受けましょう。

歯周病のよくある質問

歯周病が悪化したらどんな状態になる?

適切な歯周病の治療を受けずに歯周病を放置してしまうと悪化します。そのような状態が進んでいくと、歯茎が歯を支えきれなくなり、歯が抜けてしまいます。

タバコは歯周病になりやすいんですか?

タバコの喫煙は、歯周病になりやすくさせるリスクがあると考えられています。それは、歯の免疫力が上手く作られなくなることに要因があるでしょう。

歯磨きの時に出血します

歯茎がはれている状態でしたら歯周病が原因です。はれている状態は、出血しやすい状態なのでそのことが原因だと考えられます。